遮熱

TOP HEAT BARRIER

冷暖房費、すごく
かかっていませんか?

夏は暑く、冬は寒い…

大型機械などたくさん扱う工場などでは、機械自体が熱を発するのでエアコン数台フル稼働…

養鶏や養豚など、畜産業は夏場の温度上昇に死亡率が増加し生産性が下がったり…

小さいお子様や高齢者のおられる家庭では、熱中症や冷房病など何より健康面が心配…

地球温暖化のせいもあって年々夏の暑さに拍車がかかってきてますよね、一日中冷房かけっぱなし…なんて方も多いのでは?

室温上昇の原因を
元からカット!

屋根からの室内への
温度影響は輻射熱9割

屋根からの室内への温度の影響は輻射熱が9割なんです!知ってましたか?

太陽から発せられる輻射熱は主に屋根から侵入し、室温をどんどん上げます。

すなわち、この輻射熱をカットしない限り、冷房代のコストダウンは難しい!ということになるわけです。

遮熱という技術を
ご存じですか?

宇宙産業で培われた、
外部からの熱を遮る技術

遮熱という言葉をご存じですか?

当社で扱う遮熱材はT・H・B(トップヒートバリアー)と呼ばれる金属のシートです。

宇宙産業で培われたもので、外部からの熱を遮る技術が発達しているのです。

詳細はこちらをご覧ください↓

断熱との違い

断熱と遮熱は仕組みが違います

「断熱」は伝導熱と対流熱には効果がありますが、熱を蓄積する特性があります。それに対して、「遮熱」は太陽の輻射熱を防ぐことに効果があります

建物を移動する熱の割合は、伝導熱が全体の5~7%で輻射熱が全体の75%というデータがあります。輻射熱がいかに影響が大きいか、お分かりただけると思います。

建物内を移動する熱の割合データ

全国で利用されています

用途と施工方法を選ばない
使い勝手のよい技術

様々な施工法があるのもT・H・B(遮熱シート)の魅力の一つ。

室内室外は勿論、配電盤や空調室外機などにも施工可能!

全国各地では、色々な場所で利用されており、当社も施工で全国を回っています。

こんな物にも施工可能です!

施工可能な物について詳しく見る>>

建物内を移動する熱の割合データ

製品紹介

エコガラスコート

エコガラスコートの検証実験や商品パンフレットダウンロードはこちら↑

既存のガラスにコーティングするだけで、夏は遮熱効果を、冬は保温効果で空調機器の負荷を軽減できます。
明るい光は通すのに暑さの原因となる熱線は大幅にカットしちゃいます!

それだけではありません!女性の大敵、有害な紫外線も99%カット!!
同時に室内照明の紫外線も外に漏れにくいので害虫などの飛来・張付きも軽減できます!

結露軽減・抗菌効果も兼ね備え、良いこと尽くめの優れものなんです。

ガラスフィルム

  • リンテック(wincos)
  • 3M

遮熱ブラインド

  • 立川ブラインド
  • ニチベイ

施工の流れ

無理なご提案はいたしません

STEP 1 お問い合わせ

お客様のご要望をお聞きし、遮熱の仕組みを体験していただきます。

STEP 2 現地調査

こちらから施工予定の現場へお伺いし、現状を確認させていただきます。

STEP 3 お見積り

お客様のご希望をふまえ、プランを作成し正確なお見積りを提出させていただきます。

STEP 4 着工

工程表を元に施工に入ります。

STEP 5 施工後の温度チェック

施工後にお客様から直接仕上がりを確認して頂き、実際に施工後の温度チェックを一緒に行います。

STEP 6 完工

全て納得いただいた上でお客様へお引渡しとなります。

うちはお得?
シミュレーション

メンテナンスフリーで
効果は半永久的!

初期費用はかかりますが、シミュレーションをすることで、どれぐらいでもとがとれるか、ご提案します。

新築、改築問わず多くの建物や設備に施工可能!メンテナンスフリーで効果は半永久的!